スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話感想

第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」ですが。
前回、桐乃が書いた小説が早々にアニメ化の話になったようです。

IMGP1825new0.jpg
桐乃の小説を本にしたのが、メディアスキーと言う会社で、担当編集が伊織・フェイト・刹那。
メディアスキーはもちろん、アスキーメディアワークスのアナグラム(?)ですね。
担当の伊織・フェイト・刹那ってのは、もう混ざりすぎて何がなんだか。

IMGP1829new1.jpg

アニメの打ち合わせに付いてきて欲しい桐乃は、沙織と黒猫を誘います。
沙織は当然二つ返事で行くと言います。
黒猫はと言うと、担当の名前を聞くや否や「かっこいい」です。
どんだけ、邪気眼厨二病だよ。でもかわいいな。
桐乃が黒猫にめんどくさい奴といっていますが、桐乃も十分めんどくさい奴です。
ちなみに、今回もほぼ黒猫のターンです。沙織は今回は特に何もしてませんね、良くも悪くも事情がよく分かっています、いや悪いってことはないですけど。

IMGP1835new2.jpg

そして打ち合わせに。
ここで、桐乃はメモに書いたことをどんどん言っていきますが。そのほとんどが却下か検討すると言われてしまいます。
さらに、主人公も女の子のなのでそれを男の子にしようと言われてしまいます。
珍しく打ちひしがれる桐乃、と思ったら風邪を引いていたようです。

IMGP1838new3.jpg

京介は事の顛末を聞きます、というか多分オタクがよく行くような喫茶店なんでしょうけど、京介はもはや違和感とか感じてないようです。
沙織が言うにはこのアニメ化は枠を埋めるために急遽決まったようです。
いらいらする京介ですが、これは完全に桐乃のことが心配なんでしょう、分かってないようですが。

IMGP1847new4.jpg

桐乃の代理と言うことで、再度打ち合わせに挑む3人。
ここからはずっと黒猫のターンになりますが。
脚本の人が実は小説を何冊か出していて、それがまったく売れていなかったらしいのです。
それをこんなちょっとやっただけみたいな中学生に負けて悔しかったようです。簡単に言えば嫉妬でした。
それは黒猫も京介も同じなようでした。
黒猫も小説を書くために何年も勉強して何回も投稿してもだめでした。こん時泣きそうになりましたね。
京介もまあ小さい頃から比べられてきたので心当たりはたくさんありました。
桐乃は嫌いだけど妹が悲しんでいたらこうするしかないと言って、土下座する京介。
桐乃=妹なんじゃないのと思いますが、京介の中では何か違うんでしょう。

IMGP1850new5.jpg

帰りの電車の中で、なぜあんなに邪険にされるのに妹の世話を焼いているのかと言う質問に、京介は兄妹だからと答えます。
ぼそっと「うらやましい」という黒猫。何かフラグ臭がぷんぷんしてますけど、未回収で終わりそうです。
そして、最後に「次で人生相談、最後だから」と言う桐乃。

今回ふと思ったことは、泣き黒子のある女性がやたら目立つと言うことですね。
そんなにいないでしょう。
原作との相違点を書きたかったところですけど、そもそも何か違うようなので無理でした。
それ以前にまだ2巻までしか読んでないんで無理でしたけど。

それはそれとしてブルーレイとDVDが出るようですが。
オーディオコメンタリーが、キャラコメンタリー風なようです。
急に欲しくなってきましたが、AngelBeats!のコメンタリーもキャラコメンタリーだったので、半分それ目的でかったようなものです。絶対面白いと思うんですが。いかんせん値段が…。

なんだかんだで、次回と言うか今日なんですが「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」です。
公式サイトのあらすじでは、それぞれのある1日を描くようですが、もしかして沙織の素顔がと思うと楽しみで仕方ないですね。

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

フィギュアレビュー
バナー
「シャイニング・ハーツ」応援バナー アミル

ban_150_06.jpg

THE IDOLM@STER
FC2カウンター
グーバーウォーク
blogramランキング
blogram投票ボタン
プロフィール

びき

Author:びき
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。