スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター 第11話 期待、不安、そして予兆 感想

アイドルマスター 4(完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスター 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2012/01/26)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る


さて、第11話の感想ですが。
テスト勉強してるやよいと春香ですが、やよいと一緒に響もいたんですけども。正直響がそんなに勉強できるとはとてもじゃないですが……。
それはそれとして、765プロ感謝祭ライブが決まったようです。
それに伴い、新曲の発表となりました。
それを聞いている時のみんなの表情がもうきらきらしてて最高でした。
と言うかですね、今回のメインどころは春香なのか美希なのか微妙なところですね。6:4で春香ですかね。

新曲の練習から始まります。
やよい、雪歩がなかなか付いていけなくて苦戦してます。後ついでに春香も。
でも春香の一言で、場の空気も変わりました。
春香はホントにムードーメーカーですね。とてもいい子ですな。
歌の練習でも、春香はちょっと違ってました。……それは、しょうがないかな。

その帰り、みんなが不安がっている時も春香が飴をみんなにあげて場を和ませてます。
すごい前向きです、春香。ある意味尊敬しますね。
しかし、ホントアイドル業と学業の両立ってすごいなと思いますね。
ここまで来て春香が今回のメインということに気付きました。

またもダンス練習ですが。
ここでもまだ、やよいと雪歩がついていけません。
そして、雪歩が出るのをやめると言い出します。
しかし、貴音の説得などで、再びやる気を取り戻す雪歩。
貴音は高潔ですね。なんかもう、考え方がすごいです。

その後、竜宮小町の練習を見てショックを受けるメンバー。美希と春香以外。
美希は自分もアレぐらいやりたいと思ってます。春香にいたっては純粋に目標みたいにしてました。
春香すげえなあ。
一人居残って自主錬する春香に、千早も一緒に練習します。
千早のおかげで、いい感じになった春香ですが。遅くなりすぎて帰れなくなってしまいました。ドジなところはやっぱ健在ですね。

と、なんだかんだあって、千早の家に泊めてもらうことに。
千早の家ですが。多分春香も一緒な感想だと思いますけど。引っ越したままダンボールがそのままあったり。家具もほとんどなく、コンポくらいしか出してありませんでした。閑散としてます。
それはそれとして、一緒に晩御飯を作ったりしてました。
勉強も千早に教えてもらうという展開に。もうすごい千早におんぶに抱っこ状態。

歌についてもOKが出て、ダンスについても通しで成功しました。
美希はなぜか竜宮小町になれると信じていました、律子に竜宮小町に入れてもらえるよねと聞いたときの、律子と美希のやり取りがやたらリアルで、胸が締め付けられる感じがしました。

千早が春香に試験がばっちりだったことを聞いたときの、千早の柔らかい表情がもうすごいいいですね。
なんだか、アニメ見たらゲームやってた時のそれぞれの印象がなくなって、いいほうへいいほうへ転がっていくんですけどそんなことしたら逆に選べなくなっちゃうじゃないですか。
そして美希は、Pに「うそつき」とメールをして練習に来なくなってしまいました。
まあ、もともとは美希の勘違いなんですが律子に竜宮小町に入れないって聞いたときのショックの受けっぷりはもう半端なかったように見えましたからね。

しかし、今回はみんながんばってて良かった、あまりスポット当たらなかった子も居ましたが、みんながんばってて良かったですよ。

次回は、美希がどうなるかですが。
今回はSPじゃあるまいし961に行くってことはないでしょうけど。
誰が連れ戻すキーパーソンになるかですかね。


関係ないですが、もう感想書くのが次の週ってのはどうなんでしょうね。
自分の傾向から言えばだんだんだれてくるってのが顕著なんですが。
今回はいいわけをさせてください、ITパスポートの勉強してたらできなかったってことにさせてください。
ま、これ書いてるけども明日が試験日なんで書いてる場合かとふと思いましたが。
いやでも、今日次の話やっちゃうし書くしかないですよ。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスター 第10話 みんなで、少しでも前へ 感想

アイドルマスター 3(完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスター 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2011/12/29)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る


10話ですが、いわゆるアイドル大運動会的な回です。
なんだか他にもいろんなアイドルが出てましたけど、名前がなんとも言えませんでしたね。

最初は、真と伊織の喧嘩から始まります。
二人三脚なんですが……ホントにこの二人をペアにしたのは間違いだと思いますね。
喧嘩しっぱなしです。
そんな中、響が飴玉探し競争(?)で1位を取ってました。ただ、飴舐めてたのはハム蔵でしたが。
どうなってんでしょう。
しかし、響は活躍しても扱いがあまりよろしくないのはなぜでしょう。

次はあずささんのパン食い競争ですが……。
胸がどえらいことになってました。さらに貴音はこっちに参加したかったとか言う始末。
いつから、大食いキャラが定着してしまったんでしょう。
その後、竜宮小町は仕事があるので別行動に、羨ましがるほかの面々ですが競技をがんばろうと意気込んでます。
ここでも、春香の一言でそうなりましたが、春香はホントいい意味のムードメーカーですね。

今回のライバルキャラ的存在の新幹少女というのが出てきますが。
なぜ新幹少女だろうと思っていたら、メンバーの名前が「つばさ」「ひかり」「のぞみ」でした。
ああ、そういうことでしたか。

次にやよいの仮装障害物競走ですが、かつらが取れたら失格だそうで。なんだそりゃ。
結局やよいは新幹少女のひかりとぶつかって失格になってしまいます。
やよいがぶつかったことを謝りに行くと、ひかりに「あんたみたいな足手まといが居たら優勝なんて無理だけど」と言われ落ち込むやよい。
やよいに何てこと言いやがるんでしょう。あんなに健気にがんばってるのに。

竜宮小町とバリウム(?)が舞台で挨拶的なことをしてましたが、おそらくこのバリウムってのはパフュームのことでしょう。
メンバーの一人の名前がねっちでしたし。
挨拶が終わったらジュピターが出てきましたが……心底興味がございません。
出なくていいのに。

昼食タイムに伊織が弁当に文句を言います。と言うか言いたくもなりますね。
だって、中学の時の運動会で売ってた弁当がこのレベルでしたもん。
そして、なぜかバンナムプロの3人が差し入れ持って現れました。
DSの後の話なんですね、しかし涼はアレでいいのでしょうか。

またも、借り物二人三脚で真と伊織がペアになるという。
直前まで喧嘩をしていて、スタートも出遅れましたが、借り物で事務所のイジラレ役で二人ともプロデューサーを選んでくるあたりなんだかんだで同じ考えなようです。
結局こけてしまい、しかも真が怪我をしてしまいます。
ようやく、貴音がやよいがずっと元気が無いことに気付きます。
やよいがひかりに言われたことをみんなにいいます。
そこで一気に燃える真。一気に胸熱な展開になりましたなもうなんかいすごくいい。
新幹少女のマネージャーも手を抜いて負けろと言ってきますが、Pは拒否しました。
伊織は伊織で新幹少女のこだまプロの筆頭株主が自分の家の会社と言うことを新幹少女のマネージャーに言って不正をやめさせます。
しかし、伊織の性格上絶対に親の力とか出したくないと思うんですよね、それを出すと言うことはもう結構なことですよきっと。
ホント燃える展開ですよ。

最後の種目全員リレーが始まりますが。
第一走者は響ですが、めちゃくちゃ早かったんですがさほど注目されず。なぜなんでしょう、なぜなんでしょう。
その後、貴音、雪歩、美希、あずささん、亜美、真美、春香、千早、と続き、次にやよいにバトンタッチ。
しかし、やよいはどんどん抜かれてしまい、最終的に泣きながら歩いてしまいます。
伊織の激励のおかげで、最後にはやよいは走って伊織にバトンタッチします。
そこから、伊織も一人抜き、真にバトンタッチ。
まことも、バンバン抜きますが最後に新幹少女のメンバーの一人がなかなか抜けません。
そのとき、やよいをはじめとする765プロのメンバーの応援のおかげでさらに加速し、僅差で勝利、優勝しました。
ホント、燃えた、萌えた、燃えたここまで燃えるかってくらい燃えましたが。
まさかアニメの運動会でこんなになるとは思ってませんでしたが、良かったですねこれは。やよい良かった。

次回ですが、予告だけだと何がなにやらさっぱりですが。
全員が出る感じでしょうかね。


最後に余談も余談全く関係ない話なんですが。
スイートプリキュアなんですが、キュアビートのギターがバサラのギターみたいでちょっと見始めたらやめられなくなってしまいました。
本題はキュアミューズの正体ですが、アコじゃないんですかね?
いや、ほんとそれだけです。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスター 第9話 ふたりだから出来ること 感想

アイドルマスター 3(完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスター 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2011/12/29)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る


さて第9話ですが。
タイトルから言っても、亜美真美が主役ということで間違いないわけですね。

冒頭からいきなり殺人事件から入ったんで「あれ、もしかして違うアニメを見てるのでは?」と思いましたが。
何のことはない竜宮小町主演のドラマ撮影でした。
「美人姉妹探偵団」でしたっけ、タイトルが。
しかし、メイド姿の3人は可愛いですな、ああいう衣装ってゲームではなかったでしたっけ。

ドラマの撮影が終わり移動の車内。
伊織が亜美のゲームをガン見してたのがやたら可愛いです。
一方で真美もオーディションが終わって移動の車内、帰ってからゲームする約束をしてるようですが全く同じセリフを言ってました。
こうやって聞くと真美のほうがそこはかとなく声が高いような気がしますね。

伊織がゴージャスセレブプリンをみんなの分を買っといたという話で、帰ってから食べようと事務所の冷蔵庫を開けたら。
無くなってました。
そこで、亜美と真美が犯人探しに乗り出します。そのときの決め台詞が、律っちゃんも言ってましたがいろんなものが混ざって分けわからなくなってました。
第1の容疑者として最初に帰ってきたやよいが取り調べられてました。
なんというか、やよいがため口なのって亜美真美だけなんで新鮮ですね。
そしてプリンすら食べたこと無いと思われてるのが不憫すぎます、そんで食べたことあるといってもうにの代わりに散らし寿司に乗せると言う始末、ううかわいそう過ぎる。

その後、真や雪歩も疑われますが空振りに終わりました。
そして雪歩の遺言(?)である「ひび……」と言う言葉を聞いて響が犯人じゃないかと目星をつけるんですが、亜美は仕事で戦線離脱、そのときのやり取りが面白かったですね。
真美とPが響の張り込みに入ります、そこで真美が亜美と遊べないことに不満を漏らしますが前向きにいっているようです。
健気ですな。

響が先に出たと知ったPと真美は響を探します。
亜美はラジオでドラマのストーリを話しますが、それが今回のプリン事件と一緒ということに気付きます。
いや厳密には全く違うんですが。
そこで、真美が危険だと思い「真美逃げてー」といいます。
真美は事務所に戻り響を探しますが、ラジオをつけると同時に亜美のセリフが聞こえ、そして貴音に捕まってしまいます。
といっても、貴音は殺虫剤でゴキブリを殺しただけですが。
ゴキブリにモザイクが掛かってましたけど……もしかしてDVDとかになったら外れるとか、は無いか。

と言うわけで、雪歩が倒れた理由は、壁のヒビにゴキブリが居たからで、遺言(?)の「ひび……」はまんま壁のヒビのことでした。
そこでプリンの犯人は今まで出てきてない、春香、千早、美希の3人に絞られました。
亜美真美は罠をかけるといってゴージャスセレブプリンの着ぐるみを着て3人を待ち構えます。
春香はかわいそうなくらい驚いてますし、千早はあまり動じてませんでした、そして美希は「全部ゴージャスセレブプリンだー」と言ってました。
と言うわけで犯人は美希な訳でしたが。
そもそも美希が食べた理由が自分の買っといたゼリーが食べられたからで、そして、そのゼリーを食べたのは亜美真美でした。
原因は亜美真美だったわけですが、伊織が美希に「よく全部食べれたわね」と聞いたら一個しか食べてないと言います。

そして、本当の真犯人は……。
ダイエットをしていたあずささんでした。
ダイエット10日目とか言いながらプリンを見つけるあずささん、無意識に全部食べてたみたいです。しかしホントによく全部食べれたなという話ですよ、アイドルたちだけでも美希の1個分除いても12個で、仮にPとか小鳥さんとか社長の文があるとして15個ですか。
ありえないですね。
しかも無意識に食べてたみたいです。
通りで最初に車内で伊織がプリンの話した時困った顔をしたんですね。
と言うわけでプリン事件の全容でした。全容と言ってもほとんどの人間が無関係でしたけど。

以上ですね。
次回はアイドル大運動会的なものでしょうか、予告でもありましたがあずささんのおっぱいがどえらいことになってますね。
でも運動会と言えば、恐らく真と響の独壇場ではないでしょうかね、活躍を期待しましょう。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスター 第8話 しあわせへの回り道 感想

アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/11/23)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る


エクシリアのせいで更新が滞ってる今日この頃。
ようやく、アイマスの感想もかけますほぼ1週間経ってますし、明日にはもう次の話が放送されるんですがそれはそれと言うことで。

さてさて、今回はあずささんが主役ですね。
結婚雑誌のモデルの仕事で、あずささん、真、美希の3人で撮影をしてます。
しかし、あずささんのウェディング姿はものすごく似合ってますね。もう半端ないです。
真は本人は残念がってましたけど似合ってます、もはや何も違和感がありません。

あずささんが、もっと早く結婚すると思ってたといってますが、まだ21とかじゃなかったでしたっけ?
どんだけ早く結婚するつもりなんでしょうか。
休憩の合間に友達と電話しながら歩いてましたが、ここでようやくあずささんの本領が発揮されました。
知らぬ間に外に出ているという。
そしてそこで他の花嫁と間違われて拉致されてしまいました。
あずささんも早く言えばいいのになかなか言い出せないという。
相手のほうも相手のほうで写真持ってるのに間違えるなよと言う話ですし、そのままほっぽりだすとかどういうことだと思いましたね。
どうでもいい話ですが、SPみたいな人の一人がグレンラガンに出てたジョーガンとバリンボーにそっくりでした。

その後は、あずささんのお人よしっぷりが遺憾なく発揮されてました。
真は真でアクションスター張りの動きをしてました、しかも場所が中華街なのでなんとも言えずジャッキーみたいになってましたね。
美希はあずささんが戻るまでの時間稼ぎをしてますが、やっぱそういうのは天才的ですね。

迷った挙句、占い師の店番をやるハメになったあずささん。
そこで客が一人来るんですが、その客にどこに言ったら言いか聞かれて棒倒しで場所を決めるあずささん。
それは、千早の専売特許じゃないんでしょうかね。

あずささんは占い師にタクシー乗り場を教えてもらいましたが、間違えて観覧車の列に並んでるという。
それでも乗り込んでるし、景色を楽しんでるしでドンだけ前向きなんでしょうか。
ぶつかった時に落とした婚約指輪を届けようとするあずささんを追いかけるいままでお世話になった人たちやらなにやら。
しかも途中で花を運ぶ人にぶつかってそれがアクセサリーみたいになってまた可愛いことになってました。
あずささんとぶつかった人と結婚する人があずささんが占った人なんですが、最後出てきた時に自分で石油王といってました。
仮にそうでも自分で言いますかね普通。

最終的にに雑誌の撮影は大成功でした。
あずささんの写真も、美希のあいでひあで追いかけられてるところを撮ってすごいよい出来でした。
そしてあずささんは、冒頭に話していた友達から結婚の予定の無いのにウェディングドレスを着ると婚期が遅れるというメールが届いてショックを受けてました。

以上ですかね。
次回は恐らく亜美真美の話ですね。
これは……面白いにおいがぷんぷんしますね。非常に楽しみです。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスター 第7話 大好きなもの、大切なもの 感想

アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/11/23)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る



と言うわけで、今回はなんだかんだあってやよいの家で響、伊織が晩御飯をご馳走になることに。
まずは買出し、響は勝手が分かっているようですが伊織は全く分かっておらず料理はシェフが作るものでしょとか言う始末。
響は沖縄料理を作るといってましたが、ゴーヤーが無くて断念したようです。

毎週恒例のもやし祭りということでもやしをたくさん買ってやよいの家に行く3人。
家の前までいったとき伊織がすごく失礼なこと言ってましたが、スルーと言うことで。
そこで、やよいの兄弟たちに出迎えられます。
6人兄弟といっていましたがすごいですね、人数が。
やよいのおねえちゃんっぷりがまたかわいいですね。

晩御飯が出来るまでの間子供たちの世話をしていた響と伊織はげんなりしてました。
そして、もやし祭りの始まりですが、ホントにもやししかありませんでした。伊織じゃなくても言いたくなるくらいもやししかありませんでした。
伊織もそうやって最初はなんだか嫌がってましたが、一口食べたらおいしいといって食べてました。そん時の表情もまた可愛いですな。
もう1品味噌汁がありましたがそれにゴーヤーが入ってました。
最後の1本をやよいが買っといたという話ですが、やよいホントいい子。

もやし祭第2段に行く直前に事件が。
長介が弟の浩司をぶってしまいました。
それを見たやよいは、長介に謝りなさいとしかります。というかやよいがこんな強い口調になったの初めて見ました。
怒られて家を飛び出す長介、そのあと「どうしたんだろ長介」とやよいが言いながら頭をかいてましたが、その時の表情が画面には出てないんですけどもうなんか切なすぎて泣きそうになりました。
やよいはおなかがすいたらすぐ帰ってくるといってましたが、なかなか帰ってこない長介。
伊織や響に説得されて長介を探しに行くやよい。
伊織が子供たちの面倒を見ることになりますが、なんだかんだで面倒見のいい伊織が可愛いですな。

なかなか見つからない長介に泣き出しそうになるやよい。
そこでP登場。まああまり役には立ちませんでしたが、それよりも伊織のPに対する正直になれない気持ちが前面に出てましたね、そしてそれを許容するPという状況。
伊織が、家の中に隠れるトコなんてたくさんあると言ってふと思いついて、家の物置を探すと長介がいました。
長介を説得する伊織ですが、ホントに伊織はいろいろよく見てますね。
なんかもういい子過ぎてもうどうしたもんでしょうね。

と、そんな感じで丸く収まりましたが。
なんなんでしょうね、やよいの話だと思ってたら結局伊織が最後全部持っていっちゃったんですけど。
伊織は出てくるとたいてい話の中心になってる気がしますけど、やっぱ周りを引っ張っていく力があるんでしょうね。
春香も出れば大体中心に話が進んでる気がしますが、春香の場合は引っ張っていくと言うよりも引き付ける力があるように思いますね。

次回ですがあずささん中心の回でしょうかね。
あずささんだけならものすごくまったりした話になりそうですが、そうもいかない様子がひしひしと感じられます。
真がえらいことになってますけど、大丈夫なんでしょうかね。
次回も楽しみです。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

フィギュアレビュー
バナー
「シャイニング・ハーツ」応援バナー アミル

ban_150_06.jpg

THE IDOLM@STER
FC2カウンター
グーバーウォーク
blogramランキング
blogram投票ボタン
プロフィール

びき

Author:びき
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。